キッチン家電は上手に選んで

キッチン周りにも、当然電化製品は欠かすことができません。自炊をするかしないかで必要なもの、あるいはサイズも変わってきますが、決して持っていて邪魔になることはないでしょう。揃えておくだけで、お客さんに「きちんとしている」という印象を与えることもできます。やはり冷蔵庫・電子レンジ・オーブントースターは必需品でしょう。

冷蔵庫の選び方

部屋によっては、初めから小さな冷蔵庫が備え付けられている場合もあります。男の一人暮らしならばそれでも用は足りるかもしれません。しかし、冷凍スペースが貧弱だったり、機能が弱すぎたりする場合もあるので、やはり別に1台あった方が便利だとは言えます。

極端に大型のものは、スペースを圧迫するので避けたいところ。また、暗い色を選ぶと、キッチンに暗鬱な雰囲気が立ち込めます。ニュートラルな灰色やシルバーが無難ではないでしょうか。大きさについては、そこまで自炊をしないならば、カップルの2人暮らしまでは、1人用の冷蔵庫で事は足ります。意気込んで巨大な品を選ぶ必要はありません。

絶対必要な電子レンジ

食事はほとんど外食で済ませる人も、電子レンジだけは1台持っておきましょう。高性能なものも数多く発売されていますが、温め機能と解凍機能がついていれば、それでOKです。グリルなどの機能は、結局使用する機会もなく、持て余すことがほとんどです。

最近では、スチーマーと呼ばれる調理補助容器を使い、電子レンジで蒸し料理や焼きそばなども作れるようになっています。レンジと一緒に買っておくと、重宝するでしょう。

意外に役立つオーブントースター

電子レンジにオーブン機能がついていることもありますが、トースターが別にあると、意外に役に立ったりします。朝食でトーストを食べる人はもちろん、ピザがお好きな方にも便利。スーパーで売っているセットピザを焼くと、おいしいおやつ・夜食になります。安価なものならば2000円代から見つかるので、購入しておいて損はないでしょう。

食生活の質を決める家電は、慎重に選ぶに越したことはありません。「日常的に何を食べるか」をよく考えて、賢く取捨選択しましょう。空間に対する配慮もまた、欠かしてはいけません。狭いキッチンでは料理する気も起きず、結果的に外食が増えてしまいます。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.