100点満点の部屋のための微妙な小物たち

小物は、何も「置物」や「ぬいぐるみ」などだけではありません。より「ちょっとしたもの」や「実用性のあるもの」も、小物の1つです。自分の趣味・嗜好で選ぶのも小物収集の楽しみですが、よりスキのないオシャレ部屋を作るためにも、小物を使ってください。

見逃しがちなティッシュカバー

ついついおろそかにしがちですが、ティッシュをパッケージのまま放置しておくと、確実に部屋の景観を損ねます。商品名や説明書きが書かれたものは、上手に隠すのが部屋作りの鉄則です。カバーを取り付けて、必需品のティッシュもオシャレに飾りましょう。

部屋の雰囲気により、素材の選択にも一考が必要です。ネイチャー系でまとめているソフトな印象の部屋に、プラスチックのティッシュカバーは明らかなミスマッチ。やはり、ウッドが正解です。フロアの色に合わせて、カラーにも細心の注意を払うべきでしょう。

マグカップ×文房具

デスクに必要な文房具は、マグカップに挿して収納しておくと、とてもオシャレです。差し色にやや派手なカラーを使ってもOK。最近では、アマゾンのオリジナルマグカップが高い人気を博しているようです。パソコンを設置したデスクには、よく馴染みます。

カップに挿す文房具も、ちょっとオシャレなものを選びましょう。100円均一で選んだ安物は、やはりデスク周りをチープな印象にします。シャーペン、ボールペン、はさみ、ホッチキス…この手の品は、500円も出せば、かなり上質なものが手に入ります。

一級品の文房具は性能もケタ違いで、事務作業が非常に快適となります。紙に文字を書きつける機会が多い人は、惜しまずに出費して、良質な品を手に入れましょう。実用性だけでなく、デザインに凝ったものが欲しいならば、フランフランなどの雑貨店がおすすめです。同系色でまとめる、というルールだけ守り、楽しく選んでください。

小物というと、つい実用性のない趣味・嗜好の品を集めてしまいがちです。しかし、少し目を向けて見れば、部屋には日常的に使う「小物」も数多くあります。本当に100点満点な部屋をデザインしたいならば、そんな細やかな場所にも手を抜いてはいけません。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.