水回りは清潔に+αで…!

ムフフな楽しみを得るためには、女性を誘う前にローション・バイアグラ・おもちゃなどを揃えておくことも大切です。もっとも、相手をベッドに持ち込むためには、それ以前の印象もできるだけ良く保っておかなければなりません。特に部屋に上げて女性に幻滅されやすいポイントは、水まわりです。お風呂場・キッチン・トイレ、清潔に保っていますか?

清掃は基本。+αの工夫を

当然のことながら、びしょびしょのキッチンやカビがいっぱいのお風呂場はNGです。基本的な清掃は欠かさず行っておきましょう。しかし、それだけでは格別に良い印象を持ってもらうことはできません。ピカピカな清掃状況に、「+α」の工夫が必要です。

たとえばトイレの小物使いはどうでしょう。「どうせ自分だけしか使わないし、便座カバーやペーパーカバーはいらないか…」と甘いことを考えていませんか? 確かにあまり意味もないインテリアではありますが、女性は「むきだし」のものが好きではありません。電話機をカバーで覆う人もいるくらいです。可愛いキャラクターがデザインされたものではなくてもOKなので、プレーン(無地)のカバーで便座・ペーパーは覆っておきましょう。

また、お風呂場にもちょっとした工夫があると、女性は喜びます。特にセックスを予感させる場所であるだけに、ここでの幻滅は避けたいところ。しかし、何も「玩具」などを用意する必要はありません。大切なのは、シャンプーとリンスとボディーソープです。特別に女性用のものを用意すると、「準備良すぎ…」と逆に引かれてしまうので、普段から自分も女性用の品を使っておきましょう。これだけで、ずいぶんと印象が良くなります。

調理器具で引かれるな!

台所にはヤカンくらいしか置いていない男性も多いのではないでしょうか。女性に「ありえない!」と思われないためにも、一通りの調理器具は揃えておきましょう。フライパンと包丁さえあれば「何か作ってよ」とおねだりし、料理を褒めることで相手を得意な気持ちにさせる、という常套テクも使えます。当然、ベッドへの距離も近くなるはずです。

水まわりには、その人の性格がよく表れます。ここで悪印象を持たれると、確実にその後の関係性が強張ります。ちょっとした工夫で細かく得点を稼いで、ベッドにつなげましょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.