補助照明で異�紹介しておきましょう。

○スポットライト
天井に取り付けて、壁面にセットした額などの対象物を照らすための器具です。主照明が明るいとほぼ効果はないので、部屋を暗くして使うのが基本となります。

○ブラケット
壁面に取り付ける照明器具を、ブラケットと呼びます。壁が明るく照らされるので、部屋が広く、立体的に見えるメリットがあります。特定のインテリアを照らすのにも役立ちます。また、器具自体がインテリアのポイントにもなりうる、優れた補助照明です。

○フットライト
足元を照らす照明器具のことを、フットライトと呼びます。シーリングライトにプラスしてフットライトをつけると、全体がとても柔らかで、清潔な雰囲気となります。ベッドに入る前、ごく普通に時間を過ごすときから点けておくと、女性の心もくつろぎます。

○フロアランプ
もっとも代表的な補助照明は、フロアランプでしょう。光の届きにくいコーナーに設置するのが正しい使い方です。低い位置から円状に光が広がるものは、心を落ち着ける効果があります。

異性と甘い時間を過ごすためには、補助照明を用いた心理的なアプローチも必要です。光の力でさりげなく相手の緊張を解いて、スムーズにベッドまで導いてあげましょう。男性にとっても照明に照らされて浮かび上がる女性の見え方は性的興奮の度合いに大きく影響します。シャイな女性ならほとんど姿が見えなくなるくらい明かりを落として欲しいということもあるかもしれませんが、男性としては刺激が少ないので、下半身がついてこないことも。そんな女性とお付き合いしているのなら、彼女を傷つけないようにするためにも、バイアグラなどを準備しておいた方がいいのではないでしょうか。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.