元気な時に決めてはいけない!

人は家があると落ち着きますが、モノも同じです。ホームポジションを決めておくと物は落ち着いてその場にとどまります。収納を考える上では、それがどこにあることが使うときに便利なのか、を考えることがとても大切です。そうでないと、出すのも片づけるのも面倒になってしまいます。使う場所と収納場所が近ければ近いほど、収納指数も小さくなります。

また、元気な時はいいけれど、疲れた時には片づけるのが面倒、ということもありますので、収納を決めるのは、元気がないときを想定しながら決めなければなりません。少ないアクションで片づけられれば、収納指数は小さくなります。

使う場所がもっともよい置き場所になる

モノにもなじむ場所というものがります。例えば掃除機は、玄関に置いておくととても不便です。リビングなど一番使う場所に置いておかないと、掃除が面倒になってしまいます。使った掃除機がいつまでもリビングに置きっぱなしになることもあるでしょう。だったら、最初からリビングの棚などに収納することにすればよいのです。それぞれのモノの定位置を決める際には、使う場所に近いことが大切です。

モノにとってのホームタウンを決めるときには、ここにあったら便利だな、と感じられるところにすべきです。それが歩数をもっとも少なくできる場所です。よく使うものほど、歩数=0に近づける工夫をしましょう。できれば1歩以内で手にとれるように工夫するとよいでしょう。

元気な時に決めてはいけません

体調が悪い時や疲れている時などは、何をするのもおっくうになります。人は常に元気でいられるわけではありませんので、そんなときでも簡単に収納できることを考えた上でモノの定位置を決める必要もあります。普通のときなら、多少離れた場所に戻すことができても、元気のないときには、つい「その辺」に置いてしまいがち。

それが部屋を散らかす原因になったりもします。疲れた時でも手間をかけずに片づけられるような場所に定位置を決めておけば、そうならずに済みます。

また、収納方法にも工夫をするとよいでしょう。コートかけは部屋に置くよりも玄関に近い所に置いた方が便利です。帰宅しててすぐに脱いでかけられますし、出かけるときにも玄関で着ることができます。それでも、疲れて帰ってきたときにはハンガーに掛けることすら面倒な場合もありますので、ハンガーを使わないタイプの洋服かけを利用するとさらに便利になるでしょう。歩数とアクションをいかに減らすかが重要です。

収納指数を考える上では、使う場所に収納場所を近づける工夫をすることが大切です。常にそこにあれば、片づけるのも簡単で、部屋の快適性は高くなります。また、元気がないとき、疲れているときでも簡単に片づけられるようにする工夫も大切です。疲れて帰ってきたときでも、コートや上着、マフラーなどが散らからずに済むようなかけ方を考えるとよいでしょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.