きちんと選んだ時計で快適マイルーム

ソファもテーブルもばっちりきめたマイルームに、ぱっとしない時計を飾っていませんか。おしゃれなデザインがいくらでも市場に出回っている時計。インテリアとして取り入れないのはもったいないですよ。今回は、様々な時計のデザインをご紹介します。あなたの部屋に合った時計を見つけて、快適な生活をお楽しみください。

まずはここから。デジタルorアナログ

ふだん使っている腕時計は、デジタルの時計でしょうか。それとも文字盤のあるアナログの時計でしょうか。部屋の時計は腕時計と同じように、毎日必ず見るものです。ぱっと見たとき自分にとって時刻が見やすいものを選びましょう。ただし、デジタル・アナログによって選べるデザインの雰囲気が変わってきますから、場合によっては部屋と相性のいいデザインにする必要があります。
デジタルの時計にはシンプルでクールなデザインが多く、凝ったものだと、本体が透けていたり、時刻をライトで照らし出す機能があったりします。それに対して、アナログの時計はデザインの幅が広く、華やかなものや変わったかたちのものがあります。あなたの部屋にどのような雰囲気を演出したいかによって、デジタル・アナログを選び分けてください。

存在感を出すなら壁掛け時計

時計に存在感をもたせたい方には、壁掛け時計をおすすめします。壁の高いところに飾る時計は、他の家具と重ならないため、人目につきやすくなります。また、置くスペースを取らない分、サイズも置時計より大きいです。華やかで奇抜なデザインを選べば、家に招待した方の気を引きやすく、話題になりそうですね。もちろん、シンプルな雰囲気の部屋をつくりたい場合は、周りの家具と馴染むような主張しないデザインの時計を選びましょう。
また、壁掛け時計には、決まった時刻になると動き出すからくりタイプも多くあります。昔懐かしの《鳩時計》もそのうちのひとつ。レトロな雰囲気の部屋によく似合いそうですね。文字盤が開いて人形が躍り出し、メロディとイルミネーションの演出が始まるような時計は、部屋に高級感をプラスしてくれます。動きのあるインテリアをおのぞみの方は、からくりつきの壁掛け時計を探してみてください。

置時計

新築なので壁に傷をつけたくない、マンションなので壁に穴を開けられないなど、様々な理由によって壁掛け時計を選べないこともあります。その場合はおしゃれな置時計をインテリアにしましょう。壁掛け時計よりも小ぶりな置時計だからこそ、出せる雰囲気があります。さり気なくおしゃれな時計を飾っておきたい方は、あえて置時計を選んでみてもいいですね。
時計を買う前に、まずデスクの上や棚の上など、置いたときに見やすく違和感のない位置を確保しておくことをお忘れなく。せっかくの時計も、適切な置き場所が見つからないままでは、本来の魅力を発揮できなくなってしまいます。近いうちに模様替えを考えているならば、置時計のためにちょっとした棚を追加してはいかがですか。
動物のフィギュアと時計が組み合わさったものなど、《置物》としてのデザインに優れているのも置時計の特徴です。いかにも時計らしい文字盤の平たいタイプにこだわらず、置物としておしゃれなものを探してみてください。

あなたの部屋に合った時計を見つけて、居心地のいい部屋をつくりましょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.