いつまでも快適に暮らしたい

高齢化はどんどん進んでいて、高齢者と住む機会もさらに増えていきそうです。けれど、若いうちは気にせず使っていた場所でも、年を取ってからは使いにくく危険になることも多くなります。高齢者にとって危険な場所や、住みやすい家にする方法をまとめてみました。

危険な場所

高齢者にとって、段差が多い、手すりがないなど、設備が整っていない住宅は危険な場所になり得ます。65歳以上の高齢者に発生した事故のうち、77%が住宅内で起こっていたというデータもあります。住宅の中の危険な場所はどういう所なんでしょうか。

まず危ないのが階段です。特に手すりがない場所だと、転倒や転落の危険が増します。
浴槽も危険な場所です。床が濡れているので滑りやすくなっている上、浴槽が高い場合もあり、つくりによっては高齢者にとって怪我をしやすい場所になります。

リフォームする

このような危険な場所をなんとかできないんでしょうか。リフォームして安全にする方法を調べてみました。

まず、危険度の高い階段です。階段は幅を広く取り、途中で休めるように踊り場があると安心です。手すりも設置してあると上りやすくなります。

浴槽もリフォームしておきたい場所です。浴槽が高いとまたぎにくく転倒に繋がるので、床から浴槽の淵までの高さが40センチ前後のものに変えましょう。濡れた床は滑りやすいので、滑りにくいコルクタイルに変えるのがおすすめです。コルクタイルは柔らかいので、万が一転倒した時でも安心です。

年を取ってくると長く立っているのが大変になります。しかし、料理をする時などにはどうしても長時間立っていなければならないので、負担がかかってしまいます。なので、椅子に座って作業できるように、作業台の下部分に椅子を入れられるスペースを作っておくことをおすすめします。この作りなら車椅子に乗っている人でも料理をすることができます。

部屋を明るくすることも大切です。年を取ると視界が暗くなるので、薄暗い部屋はおすすめできません。照明を明るさが変えられるLEDに変えると便利です。さらに、暗くなってくると足元が見にくいという場合は、壁の下の方にも照明を取り付けて安全に歩けるようにしましょう。

ドアの開け閉めも、意外と負担になっている行動です。重いドアを開閉すると、足腰の力が衰えている高齢者はあおられてしまうことがあります。若い人は気にならないかもしれませんが、開きドアの場合は、開けるときに立ち位置を移動しています。なので、負担がかかりやすくなってしまうのです。ドアを軽くして、引き戸タイプにすれば楽に開け閉めすることができます。

リフォームせずに家を使いやすく変える

バリアフリーの住宅にリフォームしてしまうのが一番いいのですが、お金もかかるし、昔からある家の場合には、思い入れがあって変えたくないということもあります。

そういう場合は、できる範囲で安全対策をしましょう。
段差には踏み台を置いて凸凹を少なくする、滑る危険があるので玄関マットは置かないなどの方法なら、お金をかけないで実行することができます。
大幅なリフォームではなくても、段差が激しいところに手すりだけ取り付ければ、大分安全な家に変えることができます
大がかりなことが出来ない場合でも、高齢者が住みやすい家にすることは可能です。

高齢者と一緒に住む場合や、自分が年を取ったときには、家を安全に作り替えいつまでも過ごしやすく生活したいですね。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.