モノトーンの部屋に模様替え

なんとなく家具を買っていたらテイストがばらばらで部屋に統一感を出したいけど難しい…なんて悩むことはありませんか?だからといって、多くの色を組み合わせてインテリアを考えるのは難しいですよね。簡単だけど洗練されて見えるモノトーンの部屋に模様替えしてみませんか?

色の割合はどうすればいいの?

モノトーンインテリアは、白、黒、グレーを使います。どの色をどれくらいの割合にするかで、優しい雰囲気になったりかっこよくなったり、部屋の印象はずいぶん変わります。

白やグレーが多めの部屋は広々とした印象になります。
モノトーンというとクールなイメージですが、白とグレーを中心に使えば明るくて暖かい雰囲気の部屋にすることも可能です。また、白が多いと清潔感を出すことも出来ます。
反対に、黒を多めに使うと、重厚感溢れる印象になります。黒は色の中でも一番重い色で、存在感があるので、ソファやベッドなど大きな家具を黒に変えると、部屋の印象がガラッと変わります。

黒が多めの部屋だと大人っぽい雰囲気にすることが出来ますが、同時に部屋が狭く見えて窮屈な印象になってしまうので、白やグレーを多めに、黒はピンポイントで使ってみることをおすすめします。
また、せっかくモノトーンに統一しても色のついた物が散らばっていると、ごちゃごちゃしてしまうのでなるべく物を置かないほうがいいでしょう。捨てられない場合はボックスなどを買って収納してしまいましょう。

差し色も使ってみる

白、黒、グレーだけに飽きてきたら、差し色も入れてみましょう。差し色を使うとアクセントが付きさらに素敵な部屋にすることができます。

モノトーンには明度の高い色を足してみるとよく合います。特にライトグリーンやオレンジなどの、自然をイメージさせる色は相性が良くおすすめです。
明度の高い色の家具を選ぶのは難しい…という方には、観葉植物もおすすめです。緑色の観葉植物は馴染みやすく、部屋のアクセントになってくれます。固い雰囲気のモノトーンですが、自然の物があると柔らかい印象にもなります。
差し色には赤を入れる人も多いです。モノトーンの部屋に鮮やかな赤色の家具があったら一気に明るい印象になりますよね。変えたい雰囲気で差し色を選んでもいいと思います。
家具の一部や、カーテンや掛布団など一部分を有彩色にして、メリハリのきいた部屋にしてみましょう。

はじめやすいインテリア

模様替えしたくても、一気に家具を買い替えるのは経済的に厳しいし、時間もかかって大変ですよね。なので、少しずつインテリアを揃えていってみましょう。
おすすめなのは白や黒のボックスを部屋に置くことです。デザインが凝っているボックスを選べば、飾りにもなり、散らばっているものを収納できて一石二鳥です。

まずは小物をモノトーンのものに揃えてみるのもいいのではないでしょうか。小物なら値段も安く、少しずつ模様替えを進められます。100円ショップでもキッチンクロスや椅子用靴下などモノトーンの小物が売っているので見つけたら購入してみましょう。色がばらばらだと小物はごちゃごちゃしてしまいがちですが、色を統一してあるとスッキリして見えます。キッチン用品などにもモノクロを使ってみると、物が多くなりがちな台所も片付いて見えるはずです。