色を意識して部屋の印象をガラッと変えよう

あなたは部屋を何色にしていますか?意識して揃えている色はあるでしょうか。それともバラバラでしょうか。色によって部屋の印象はずいぶん変わりますよね。色別に与える印象と、どんなイメージの部屋にすることが出来るかまとめてみました。

色彩についての基礎知識

色には明度・彩度・色相の三つの属性があります。

明度は色の明るさを表します。明度の高い色は白っぽくなり、低い色は黒くなります。彩度は色の鮮やかさを表します。彩度が高いほどはっきりした色になり、低くなるほど薄くぼやけた色になります。色相とは赤や青と言うように、色味の違いを表します。

これらを考慮して組み合わせると、見た目に綺麗な印象にすることができます。組み合わせにはいくつかのパターンがあります。

まず同系色で組み合わせると、色がお互いに馴染んでくれます。色相が同じ色で、彩度や明度を変える方法です。例えば部屋に緑色を使うと決めた場合、同じ緑色でも薄い色合いの家具、濃い色合いのもの、黒っぽいものなどを購入して組み合わせてみましょう。少しだけ反対色を付け足すと、アクセントになります。

同一トーンで組み合わせる方法もあります。赤や青、黄色などバラバラの色を使っていても、トーンが同じなら違和感がありません。色々な色を使いたい場合は、同じような濃さに合わせてみましょう。

色が与える印象

色が持つイメージはどんなものがあるでしょうか。

≪赤≫意欲的になり、晴れやかな気分になる作用があります。神経を興奮させる効果もあり、元気になれます。 ≪オレンジ≫明るく楽しい気分になります。解放感を与えてくれる色でもあります。赤と似た印象ですが、赤より柔らかい色のため、より和みやすい色です。 ≪イエロー≫脳を明晰にして、集中力を高めてくれます。 ≪ブルー≫精神を集中させる作用があります。赤とは逆に興奮を抑えてくれる作用があるので、冷静になりたい場合にぴったりの色です。 ≪グリーン≫リラックスすることができ、ストレスを緩和します。気分を落ち着かせたいときに使いたい色です。 ≪ブラウン≫グリーンと同じく、気分を落ち着かせてくれます。伝統や歴史も感じさせる色です。

色が与える印象は様々です。なりたい気分によって色を取り入れてみましょう。

部屋に取り入れる

あなたは部屋をどんな所にしたいでしょうか。くつろげる場所や元気になれる場所など、部屋から受け取りたい印象は色々あります。

例えばリラックスしたい場合は、ブラウン系を使うのがおすすめです。濃い色を多く使うと圧迫感が出てしまうので、彩度の低い色を使いましょう。また、緑やオレンジなどの自然をイメージさせる色を入れてみてもいいでしょう。観葉植物の緑を置いてみるのもおすすめです。

仕事場などに使いたいときは、緊張感を保てるような部屋にしたいですよね。そんな場合には、鮮やかな色を使うのがおすすめです。彩度の高いオレンジや赤の家具や小物を置いてみてください。入ると身が引き締まる部屋になります。壁紙はクリーム色ではなく真っ白にしてみましょう。

部屋を明るい気分になれる場所にしたい場合は、暖色を取り入れましょう。赤やオレンジは気持ちを高ぶらせる効果があるので、元気になりたい方にはぴったりです。暖色系は体感温度を上げてくれるので、寒い部屋も暖色でまとめれば過ごしやすくなるはずです。

リビングは明るくしたいからオレンジ、お風呂場はリラックスしたいからグリーンなど、場所別にテーマカラーを変えてもいいかもしれません。

色は部屋の印象を大きく変えます。希望の部屋のイメージがあったら、まずは色から変えてみるとやりやすいのではないでしょうか。