憧れの書斎を自宅に作ろう

大人の男性が所有しているイメージがあり、書斎がある家って憧れますよね。けれど、一般的な家で書斎を作るとなると、部屋数も限られているし、奥さんが許してくれるかわからないし、難しそうです。そこで普通の家でも書斎を作る方法はないか調べてみました。

書斎とは?

書斎とは、ものを読んだり書いたりするためのスペースのことです。書斎の「斎」にはこもるという意味があり、そこにこもって学問などをする場所という意味で使われているようです。趣味に利用しても仕事や勉強をするのに利用してもいい便利な場所です。一人で作業に没頭できるのが書斎の魅力です。

家のどこに作る?

部屋が余ることなんて滅多にありません。リビングに寝室に子供部屋にと使っていたら、すぐに埋まってしまいます。ですが、部屋が一部屋ないと書斎を作れないと言うことはありません。一部屋分使うのが難しい場合には、小さなスペースを書斎として活用する方法があります。例えばリビングの中に本棚を置いて区切り、中を書斎として使用する方法です。これなら書斎といってもオープンな印象です。
狭いスペースに机を置いて、書斎としての空間を作ることも可能です。廊下の隅や階段の下などに机と本棚を置けば、立派に使用することができます。
クローゼットの中を書斎にしてしまうなんていう方法もあります。

うちには書斎を作るスペースなんてない、と思っている人でも、見直してみれば意外と書斎にできる場所は見つかるのではないでしょうか。

書斎に置きたい家具

書斎では長時間座っていることが多いので、椅子は自分に合ったものを選びたいです。実際に家具屋で試すなどして、自分に合ったものを選びましょう。
書斎で主に何の作業をしたいのかによって、選ぶ椅子は変わります。ノートに書いたり読書をしたりと、地面に対して水平にものを見る場合は、前傾姿勢に向いている椅子が適します。パソコン画面のように地面に垂直の物を見る場合には、後傾姿勢が適しています。あなたはどちらの作業をすることが多いでしょうか?
また、気づきにくいですが、長時間座っていると人は意外に汗をかいているものです。通気性に優れた椅子がおすすめです。

書斎といえば本棚です。

けれど、あまり本が多いとごちゃごちゃして見えます。本が多くて本棚を複数置く場合は、大きさを揃えるのがおすすめです。たくさん本棚があっても統一感がでるので片付いて見えます。
本棚をただ同じように並べて置いてあるだけだと、無機質な印象になってしまいます。ですが、中の一つを横置きの物にすると見た目に変化が出ます。縦置きより本を素早く置けるので、一つあると便利です。ブックスタンドを使ってお気に入りの本を立て掛けて、飾りのように置いてみても綺麗です。

夫婦の仲に影響

書斎があることで、夫婦の仲の良さに影響が出ることはあるのでしょうか。距離が遠のきそうなイメージですが、書斎があって自分の空間を保てることで、喧嘩になりにくいという意見もありました。居心地が良過ぎて書斎にこもりきりになってしまったら問題ですが、適度に使用すれば、むしろ仲を保つのに役立ってくれるようです。 ただ、旦那さんもしくは奥さんのどちらか一人だけに部屋がある夫婦は、二人とも部屋を持っているかどちらも持っていない夫婦に比べて、仲が良くないという調査もあります。書斎を作る場合は、夫婦どちらにも平等に自分のスペースを作った方がいいのかもしれません。

作るのが難しそうな書斎ですが、スペースを考えて、こもりすぎないように気を付ければ思ったより簡単に作ることができそうです。自分だけの空間が欲しい方は、家の中をもう一度見直して書斎が作れないか検討してみてはいかがでしょうか。